FC2ブログ
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
休業日のお知らせ

定休日は金曜日です。

工房shop

■〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間1728ー207 ■ e-mail 【PC】spoon6moku@yahoo.co.jp 【携帯】spoon6moku@i.softbank.jp ■ 定休日 : 金曜日 ■ 営業時間 am10:00~pm5:00

●出展予定●

●5月24日(土)~6月8日(日)『木工家ウィーク』内の『木のカトラリー展』に出展します! 名古屋市中区栄3-6-1ラシック6階にて ●6月1日(日) 『この祭り、乱れ咲き』に出店します!三島商工会議所1階にて。

Facebook

小ネタ・納品・急なお休み情報はこちらです。



最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

そんなもろもろ

2010.03.13 18:51|木のスプーン
今日は、暖かいのに強風。
雨は傘をさせるけど、
風は・・・ねぇ?

Dscf2351.jpg

いつも作っているミカンの木の
『Babyスプーン』

多少のフシや変色した部分は、
面白味もあるので
わざと残したりすることもあるのですが、
ひとつだけ持ち手の端に
かばいきれないようなフシがあったので
思いきって削ってみました。

Babyスプーンでは出せないので
「もう、これは家で調味料をすくうのに使おう。」と
さらに持ち手を薄く。。。

塗装をしてきれいに仕上がったのですけど…。

ぜんぜん使いにくい!!

だって角度違うんですもん。

用途によっては
ちょっとの角度でこんなに使いにくいんだと改めて。


角度、すくう部分の大きさ、深さ、先の形
柄の長さ、柄の角度、太さ・・・・・・

そんなもろもろを
使う人の気持ちを考えながら
組み合わせたりするのが
カトラリー作りの楽しみだったりしますよね。
スポンサーサイト



マドラー 【21】

2009.09.21 22:29|木のスプーン
Dscf1913.jpg
みかんは、固い!!
ふぅ~~~っ!!

マドラーもいくつか作ってみました。

自分の予想に反して意外に人気のマドラー。
先は、小さいスプーンになっています。

最初は、飾り程度のつもりで、
スプーン屋らしいマドラーを作ろうと
ちょこっと、彫刻刀で掘ってみただけでした。

女の人は、手作り感の強いものが好きなんですねぇ。

ハチミツのビンに突っ込んで→引き出して、
温めたミルクの入ったコップに直接入れてグルグルぐるぐる・・・。

長いビンに入った佃煮やジャムを最後まで食べれます。

作ってみたら、意外に使えるやつでした。

今回は、ひめしゃら・みかん・さくら・くりとか色々と。




肩も凝ってきたし、血のめぐりが悪くなってきたので
夜遅くなってしまったけど、
歩いて帰ってきました。

疲れがたまっているせいか、
途中からフラフラでしたが・・・。

そしたらね。

橋を渡っていたら、
足元におにぎりがふたつ・・・・・・。

・・・なぜここに・・・?

こういう時、
そのばらまかれ具合から
勝手に色々想像してしまうものですね。

高速道路に落ちている、片っぽの靴。とか
草むらに落ちているズボン。とか

妄想が楽しくて、気がついたら家に着いてました。
結局、『今日のおにぎり』は、小学生の兄弟モノ(妄想が)でした。

浜名湖アートクラフトフェアまであと・・・ 5日!!!!!

Babyスプーンストーリー 【10】

2009.09.10 23:13|木のスプーン
こんばんは。
一日の終わりに少しお付き合いください。

Dscf0155.jpg

今日は、『Babyスプーン』の話。


今ではすっかりレギュラーというか、
「ろくもくのBabyスプーン」と言えるこのスプーン。

いつ頃生まれたのか、
きっかけは何だったのか・・・すっかり忘れてしまいました(^^;)

おそらく、親友に赤ちゃんが生まれたのが大きかったと思います。
この子や何人かの赤ちゃんに試してもらって
ママ達にアドバイスをもらって
品物になったんでした。

このスプーンや子ども用のアイテムは、
ミカンの木だけで作ることにしました。

正直なところ、樹種を一種類にすると在庫管理・補充がしやすい。
というのも大きな理由ですが。


そういえば、試作品はトチ(白)で作っていました。

そのうちに、みかんの木の黄色やツルツルの肌で
この形だったらかわいいだろうということで。

やっぱり赤ちゃんには、
この『つるつる』の『きいろ』で
美味しいご飯を知ってほしいと思います。


この試作品ができた時。

『ろくもくのスプーン』の中の人気者になってほしい、と考えました。


もし、それが叶ったとしたら、
同時に「みかんの木は、きれいだ」という事を知ってもらえるはず。

その木が、老木になれば、ぼとんどが捨てられる運命だという事
(炭にも向いているそうですよ)も知ってもらうことができる。

ただ、ここまで。
今の私にはこの先まで描くことができません。

この先をどこかに・・・、誰かに・・・つなげることが
今の目標でもあります。

でもねぇ。
Babyスプーンをご自分のお子さんの為に買ってくださったお客様から
しばらくたって、
「あのスプーンを子供がとても気に入って使っているので友人に贈りたい。」
というご注文を頂く度に、
そんなややこしい事考えずに
ただただ、「作ってよかった~♪」と
満たされた気持ちになるんです。

赤ちゃんのスプーンは、自分で試しても
なかなか使いやすさはわからないので
「良かった」といわれるのは最高にうれしいです。
それを、また大切な人に贈ってくださっちゃうなんて・・・。

それでいいじゃん!?

て?

      
 今日もダラダラと長い文章にお付き合いくださって
   ありがとうございました。
   おやすみなさい★



浜名湖クラフトフェアまであと・・・ 16日


里帰り 【9】

2009.09.09 22:42|木のスプーン
今日も一日お疲れさまでした。
夜はちょっとだけ、ロクモクで休んでいってくださいね。

Dscf1833.jpg

昨日、仕上げ塗りをしたスプーン達が
今朝渇いて仕上がりました。

チェックをして、塗装に失敗したものを弾きます(やり直し)。

これだけスプーンを作っていても、
はた!と作り方がわからなくなる時があります。
もちろん、工程を忘れるというわけではなく、
形をイメージできなくなるスランプ。

昔は、これが起こるといちいちパニックになりましたが、
最近はフォークやバターナイフを作って気を紛らせます。

紛らせてばかりでも困るので、こんな時には『ティスプーン』を作ります。

私としては、スプーンは小さくなるほど難しい気もしてますが、
ちょうど視界の中に全体が収まりながら仕上げられるからでしょうか。
これをいくつか作っているうちに
「あぁ、そうそう、この感じ!」と思い出してきます。

原点や初心に帰ることって
あそこに帰ればきっと大丈夫という
『安心』にも繋がっているような気がしますね。


浜名湖クラフトフェアまであと・・・17日

そこは、あ・え・ての。 【6】

2009.09.06 21:05|木のスプーン
自分頭の中では想像もしませんでしたが、
ろくもくがイベントに行く事を楽しみにしてくれている人がいるのを知って、
木粉にまみれながら幸せを感じています。

なので毎年、浜名湖のフェアは特に。

できるだけ新作を見て頂きたいなぁと思っています。
ただ、イベントに無理に合わせておかしなものを作りたくはないので
その辺は自然にまかせています。

でも、今回は生まれましたよ!

Dscf1826.jpg(左の黄色がみかん。右がひめしゃら。)

『アイスクリームスプーン』。

えっ?今頃?って思いました?

そこをあ・え・てのアイスクリームスプーン。

・・・嘘です。

姉のリクエストをうけたのは去年の夏。
今年の春くらいにできれば、ひそかに出そうと計画。

それから頭の中で作りたいと思えるものが浮かぶまで
練りに練っていたら今年の春を過ぎ、
試作をしたのは、夏のど真ん中でした。
試作品は、まず家族に使ってもらいます。


すると。

今までの中で一番の反応!
自分で使っても納得。

しかし、これを商品として出す自信となるにはもうひとつ何かが足りない…。
それに、正直まだ『正解』かどうか見極める目がちゃんと育っていないようで(^^;)

そのまま、一ヶ月ほど作らず仕事に追われていました。

でも、気がつくと、家族も私自身もアイスクリームやヨーグルト、プリンを食べる時は
自然とこのスプーンを使うようになっていました。

うちには、失敗作や木のキズや節が入ってしまって売り物にならないスプーンが
ゴロゴロとしているので、大きささえ目的にあえばどれでも良さそうなもの。

その中から無意識に手に取るというのは本当に使いやすい証拠かなーと思いまして。
「よし!」と。これで晴れてレギュラー入りです。

Dscf1153.jpg

見た目はスマートではなく、ずんぐりむっくりでちょっと・・・。
「かーわいーいー♪」という反応は聞こえなそうですが、
カップのアイスクリームやヨーグルトをよく食べるお家では大活躍してくれるはずですよ♪
固めのアイスクリームに突っ込んでも折れないように首もしっかりと作りました。
(でも、カチカチは心配なので少し置くか電子レンジで10秒ほどチンしてね)
持ち手も木の感触を楽しんでもらいたくって、ぽってりと。

一番の特徴は、頭(すくう部分)。

てっぺんを平らにした事やそのために工夫した点が食べやすさに繋がってくれました。

小さいパンにうす~くジャムを塗るときにもこの平らが重宝します。

だけど、ブサイクなのが悪いのか
工房に来てくれるお客さんには反応がいまいち・・・(泣)

使ってもらえば分かってもらえるはずなんですけどねぇ。

とりあえず、浜名湖で手にとって探ってみてください。

(でも、押しすぎて不安になってきた)



浜名湖アートクラフトフェアまであと・・・20日