FC2ブログ
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
休業日のお知らせ

定休日は金曜日です。

工房shop

■〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間1728ー207 ■ e-mail 【PC】spoon6moku@yahoo.co.jp 【携帯】spoon6moku@i.softbank.jp ■ 定休日 : 金曜日 ■ 営業時間 am10:00~pm5:00

●出展予定●

●5月24日(土)~6月8日(日)『木工家ウィーク』内の『木のカトラリー展』に出展します! 名古屋市中区栄3-6-1ラシック6階にて ●6月1日(日) 『この祭り、乱れ咲き』に出店します!三島商工会議所1階にて。

Facebook

小ネタ・納品・急なお休み情報はこちらです。



最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

あけましておめでとうございます!

2010.01.06 22:50|大きな木
とうとう、新しい年があけましたね。

今年も未熟者のロクモクをよろしくお願いいたします。

Dscf2198.jpg

さて。

1月1日。

プチ神社マニアの私は、
大好きな沼津西江梨の『大瀬神社』へ行ってきました!

ここは、なぜかダイビングのメッカなのだそうで
あの寒さでもダイバーたちがいっぱい・・・。

しかも、ナナメに立てるくらいの強風。。。

御苦労なこってす。

Dscf2196.jpg
Dscf2213.jpg

これ。

大瀬神社の周りに生えている、天然記念物の『びゃくしん』という木です。

こんなにびゃくしんが群生しているのは
めずらしいらしいですよ。

樹齢1000年の木も多いようで、
それだけにかなりの存在感。

樹形は、海の風のせいなのか。
クネクネのグネグネ。
怖いくらいです。

木が生き物だって改めて感じられる場所です。

この木を見るたびに、
「人より木の方がすごいよな。」って思わされるので、
何を想いながらモノづくりをするのか
確認の為に年の頭に行きたいと思っていました。

神社だけに、すごく空気も澄んでいて
一年の初めに訪れるのに最適ですよ。
心がきれいになります。(たぶん)

恒例のおみくじは・・・

大吉!!!!!

内容は、全体的にはかなり良いことが書いてあって、
小さくガッツポーズ。

が、最後の最後に
『色に溺れ酒に狂えば凶なり』・・・。

そりゃそうだ。
誰でもそうだ。

しかし新年早々、色と酒…って。

Dscf2199.jpg
富士さんも!
スポンサーサイト



木って切られると痛いの?

2007.07.02 21:49|大きな木
mitumatanoki.jpg

↑の木。面白いでしょ?みつまたになってました。
ひろーいところに一本、ポツンと。でも、大きく立っていました。

mitumatanoki2.jpg

やっぱり、木っていいでしょう???

今住んでいるところの近所に「原生林」があるらしいので
今度リポートしますね。(誰に言ってんだろ?)
樹齢700年のブナやアカガシがあるらしい!!
巨木愛好家にはたまりませんね。・・・(笑)

最近、忙しいのが続いているせいか、
なかなか感受性が高まらないでいます。。。
疲れると、視界がグーっと狭まって
小さい事に気付けなくなります。
ブログのネタにも困る始末・・・↓

そんな時は、山に入って木に癒してもらえばいいんですね。
パワーをもらうと言うよりも、キズを癒してくれるような
木がします。いや、気がします。
そうやっていつも木達にお世話になってばかりだから
なにかしてあげたいと思うのですが、
一体、どこで何をしたらいいのか・・・?
植林やごみ拾いからでしょうか・・・?

木の気持ちを聞いてみたいところです。

この願望はここ数年、強く思う事ですが、
そういえば一年ほど前、小学3年生くらいの女の子が
私のところへ駆け寄ってきて、いきなり
「私、植物としゃべれるよっ!」と・・・・・・
「???????????」ってな気分でした。

「木って切られると痛いの?」って聞きたかったけど、
その女の子は、あっという間に走って行ってしまったので
聞けずじまいでした。また会いたいなぁ。。。

バースデー登山!!

2007.06.10 19:00|大きな木
datti.jpg

6月8日は、恥ずかしながら私の30回目の誕生日でした。。。
山好き、木好きの友人達が天城の山登りに招待してくれました。
体力と持病の腰痛に不安を感じつつ、
まぁまぁのテンションで出発しましたが・・・

ほんっとにすごかった!天城山!!
持久走とかほんとに嫌いな私なので
山登りは避けて通ってきたんですが、
木を好きになった今、私にとっては天城山は動物園のようでした♪
大きなブナの森(下)や、
buna1.jpg


見たこともない、大きなヒメシャラ!!!(下)

himesyara.jpg


夢の中のような霧に包まれた景色!!!!!(下)

kiri.jpg


すごかった・・・・・・。
「ここ日本???ほんとに伊豆???」を
連呼しまくり、興奮状態であっという間に7時間が過ぎました。

天城山は、木を知り尽くした人でも驚くほど
古く、大きな木が残っている珍しい場所なのだそうです。
下の方は、人口林の杉や檜に覆われていますが、
上は別世界!まだ興奮が冷めないでいます。

一緒に行った人達も木や山が好きな人達だったので
それも楽しかった要因です。午前中は雨にふられてしまいましたが
まっっったく気にならないほど山は楽しかった!!!
もっと体力つけて山登りを趣味にしようかな。。。
ん~。自分の根性がいまいち不安なんですが。

山登りをして、この仕事を続ける意味を再確認できました。
やっぱり私は、生きている木を意識しながらのものづくりをしていきたい。
今は、材木屋さんの端材をいただいて物作りをしています。
でも、いつかは「しかたがなく切られてしまった木」を使いたい。
自己満足でしかないのかもしれませんけどね。

材木屋さんの木は、とってもお行儀が良いんです。扱い易い。
流通されるのだから当然です。それでいいんです。

でも、修行時代に『森林ボランティア』というものを体験させて
もらい、木や山を思う人たちに出会ってからは
土に根を下ろしているのが木であるように思っています。

どっちにしても、スプーンを作る時の「木」は
「材木」状態になっているのですが、
スーパーのパックに入ったお刺身を食べるのと
釣ってきた魚をさばいて口に入れるのでは
大きな何かが違うと思うのです。
私にとっては、木も一緒。
命を頂く気持ちを忘れない為の夢なのかもしれません。

木が好きな人に、登山。絶対オススメです!!
kesiki.jpg



a_01.gif
↑よろしくです!

大きな木の下で

2007.04.15 22:26|大きな木
小さい森

いつもは原付で仕事場を行き来する私ですが、
今日は天気の良い日曜日ということもあって
(ダイエットが第一目的^^;)
帰りは歩いてみることにしました。
考え事もあったので、小一時間、写真を撮りながら
うろうろ、ふらふら・・・

今の家に引越してまだ一年経っていないので
あまり土地カンもないという事もあって、
原付に乗って早く過ぎ去る風景とはまったく違うものに
出会う事ができました。
あと15分で家に着く、という頃。
いつもは原付で通らない裏道に近道するつもりで入りました。
そしたら、あったんです。

おっっっっっきな木たち!!!
住宅街のちっちゃい神社の中に、
300年ほどの樹齢(と書いてありました)
のクスやケヤキが不思議なくらい集まっていました。

21世紀を生きている私達の暮らしの中に
300年前がすぐそこにある事に
なんだか感動しました。
源頼朝にゆかりのある神社だそうで、
この木たちは、今まで色んなものを見てきたのだろうと
想像すると、やっぱり木ってすごいなと思わされました。

散々大きな木たちに見とれた後、少し離れたところにある橋を渡る時に
神社を振り返ってみると・・・・・・

それは、ジブリの世界でした。

(写真は、橋から見た森のような神社。逆光で見にくいです↓
ごめんなさい!!でも、奥には小さく富士山(^^))

修善寺の巨木

2007.04.02 18:17|大きな木
なんとか無理やりパソコンを復活させました。

このパソコンにもうちょっとがんばってもらわないと(^^;)
時間の問題のような気もしますけど・・・。

さて。昨日、静岡は全国初の夏日でした!
まさにピーカン!!(ん?死語?)
私は、汗だくだくになりながら、友達に誘われて
伊豆市の修善寺に行ってきました。
伊豆最古の温泉と言われる修善寺温泉が湧いて1200年
ということで『開湯1200年祭』が行われています。
久しぶりの修善寺は、街並みも少し変わってとても賑やかでした。

修善寺(しゅぜんじ)といえば、修禅寺(しゅうぜんじ)が
有名なんですが、私のオススメはそのとなりの「日枝神社」です。
少し地味目な小さな神社ですが、とっても大きな木が
生えています。「夫婦杉」は二本の太い木が根元で繋がっていて
この間をくぐると子宝に恵まれるといわれているようで、
用のない私もとりあえずくぐっておきました(^^;)
他にも一位樫などの大きな木が立っています。

大きな木を見るのがとても好きです。
「木って生きてる・・・」ってはっきりと感じます。
私がものづくりを続ける理由がそこにあります。

いつか、日本中の巨木に会って触れてみたい。
いつになるだろう。。。。。