FC2ブログ
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
休業日のお知らせ

定休日は金曜日です。

工房shop

■〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間1728ー207 ■ e-mail 【PC】spoon6moku@yahoo.co.jp 【携帯】spoon6moku@i.softbank.jp ■ 定休日 : 金曜日 ■ 営業時間 am10:00~pm5:00

●出展予定●

●5月24日(土)~6月8日(日)『木工家ウィーク』内の『木のカトラリー展』に出展します! 名古屋市中区栄3-6-1ラシック6階にて ●6月1日(日) 『この祭り、乱れ咲き』に出店します!三島商工会議所1階にて。

Facebook

小ネタ・納品・急なお休み情報はこちらです。



最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

幸せを呼ぶビンボー

2007.07.14 17:34|ものづくり
129-2960_img.jpg

すごい雨ですね・・・。
静岡は今のところ風は吹いていません。
こういう時は、全国の知り合いがとても心配になりますね。

写真は、旅館のルームキーのキーホルダーです。
看板をご注文くださった方から
「これも。」とご依頼いただきました。
形もデザインも任せてもらったので緊張気味です。
形が出来上がったところなので、
これから、旅館名と部屋番号を入れて
塗装をして、完成です!

くつろぐ為に旅館にお越しになったお客様が
最初に旅館から手渡されるモノだから
柔らかく優しい手触りのルームキーに。
そんな気持ちで作ったら、こんな形になりました。
喜んでいただければいいのですけどね・・・。

これが、「スプーン屋」と「看板屋」の
初コラボになりました。一人ですけど(笑)。

今の工房は、国道136号線沿いにあります。
工房が、というよりは材木屋さんの支店になりますが、
ココは一見「なんだか分からない」ような所かも。
お客さんは皆さん「キョトン」としてるようにも見えます。

だから、地元の人よりも通りがかりの都会の人や
他県の方々が多いような気がします。
地元の人はちょっと怪しがっているのかも(^^;)

でも、その曖昧さのおかげで
お客さんの方が、想像力を膨らませてくれて
私の方にもお仕事が舞い込んでくるようにも思えます。

一年前、一人でこの仕事をしようと決めた時。
理想では、夢に描いていたとおり、自分だけの工房を持ちたかったんです。
でも、ご縁で材木屋さんにお世話になる事に。
その時はお金もなく、その選択肢しかなかったのが正直なところでした。
でも最近。
心から「これで良かったんだ。」と思っています。
無理やり、お金を作って、きれいで不便のない工房を
作っていたとしたら、大きな事に気付けなかったはずです。

ここにいるから、人と繋がれるし色んな事にも
気付けるんだということがわかってきました。
何より、『仕事』が出来る。

「人と繋がる」事は、自分が成長する為には、必要不可欠なんですね。
人見知りする私には、特にです。

貧乏って時々、とっても大切な事に気付かせてくれますね。
貧乏が運んでくれた幸せ・・・ってとこですか。

スポンサーサイト



あぁ、よかった。。。

2007.07.09 23:42|工房Rokumoku
dsp1.jpg

今日は、昨日仕上がった看板をお客様が取りにきてくださいました。

本業ではないので、仕上がりにいつも不安を覚えます。
今回も毎度の事ながら緊張しましたが、
「すごくキレイ!すごい良い!」を連呼してくれたので
ホッとしました。
私も負けじと「あぁ、良かった」を連呼してましたけど(笑)

すごくこだわりの強い性格だった昔は、
自分の仕事に納得ができなくてイライラしてたなぁ。
どれだけやっても自分を認めてあげることはなかったかも。
いつも不完全燃焼みたいな感じだった気がします。
でも大切なのは、自分のした事を相手が喜んでくれるかどうかって
いうすごく単純な事なんですね。

今、『仕事』の原型を見ているような気がします。
単純すぎるけど「力を注いだ仕事とお金を交換する」っていう事。
今はお金がないので、お金のありがたみは人一倍です。
そのお金と私の仕事を交換してもらうとなると
中途半端はできません。
でも、自分の決める中途半端でない仕事は
人から見たらすごく中途半端かもしれない。
自分ではそれは計れないって事だとすると・・・

とにかく一生懸命する!!

ってことしかないですね。
それで、お客さんが喜ぶか喜ばないかは別問題かもしれません。
ただ、私の力が及ばなかったってことです。

やっぱり、人に育ててもらうんですねぇ。

そういえば今日も新しい勉強の機会を頂きましたよ。
仕事や出会いは、勉強の機会だってことなんですか。。。

ご苦労さんの夕日

2007.07.08 19:00|工房Rokumoku
Image0971.jpg

Rokumokuショップをスタートする事がようやくできたので
ホッとしています。大きな区切れができました。
「ご苦労さん」と言わんばかりの、梅雨の合間の夕日です。

でも、工房をやってネットで品物を売るって、
そうそうすごい事でも
ないように思えてきました(^^;)
当たり前ですよね(笑)仰々しくやりすぎ。

0というより、マイナスから始まったRokumokuなので
自分でもここまで来れたのが信じられないという事や、
基本的に行動力がないもので、行動ひとつ起すのに
とても力と時間が必要な性格だって事もあります。
一つの行動が大きすぎるから動きにくいんだ・・ってウワサもありますが。
極端ってよく言われます(^^;)

まぁ、それはいいとして。
『Rokumoku』を工房名にしてから4ヶ月ほど経ちました。
なんか変な話ですが。
ついこの間まで、自分がロクモクなんて気もなく、
照れくさいような気もしてあまり使ってなかったんですが、
さすがに仕事が仕事らしくなってきたのもあって
ここのところ使うようになってきました。

すると、不思議な感覚ですが
名前が使われるたびに名前自体が生き生きとしてきたような
気がします。慣れといえば慣れですけどもー。

名刺にロゴを入れたり、ハンコを作ったり
「ロクモクで領収書ください。」みたいな事で
使われるたびにです。分かります?この感覚?

歌手の「ケミストリー」って最初は
「ぜんぜんあり得ない。」って思ったけど
今は「ケミストリー」はケミストリー以外の何者でもないっていう感じ。

赤ちゃんもそうですよね。
生まれてすぐ名前付けたときは(つけた事ないですけどね(T0T))
「?」ですけど、だんだんその子になってくる。

ちいさい事だけど面白いと感じました。

でも、そんなくだらなくて、小さい事を感じている時は調子のいい時です。
色んなものを見て、感じて、思って・・・ってするすごくいいタイミングの時。
美術館とか水族館とか動物園とか資料館とか、
館とか園のつく所に行きたい(笑)

あ、ロクモクの由来はホームページをご覧ください。

ネットショップオープンです!!

2007.07.07 03:07|工房Rokumoku
3.jpg

やっとこの日がやってきてしまいました!
楽しみにしていてくれた人がいるのかはちょっと心配ですが、
ドッキドキしながら、気持ちのシャッター上げました。

人と繋がる事に多少びびる気持ちがありますが、
人に成長させてもらうんだって事を知りましたから
ここは、思い切って前進してみます。

てんてこまいあたふたしまくりのショップになりそうですが
厳しく、温かい目で見守ってやってください。
よろしくお願い致します。

Rokumokuショップ http://rokumoku.cart.fc2.com/

木って切られると痛いの?

2007.07.02 21:49|大きな木
mitumatanoki.jpg

↑の木。面白いでしょ?みつまたになってました。
ひろーいところに一本、ポツンと。でも、大きく立っていました。

mitumatanoki2.jpg

やっぱり、木っていいでしょう???

今住んでいるところの近所に「原生林」があるらしいので
今度リポートしますね。(誰に言ってんだろ?)
樹齢700年のブナやアカガシがあるらしい!!
巨木愛好家にはたまりませんね。・・・(笑)

最近、忙しいのが続いているせいか、
なかなか感受性が高まらないでいます。。。
疲れると、視界がグーっと狭まって
小さい事に気付けなくなります。
ブログのネタにも困る始末・・・↓

そんな時は、山に入って木に癒してもらえばいいんですね。
パワーをもらうと言うよりも、キズを癒してくれるような
木がします。いや、気がします。
そうやっていつも木達にお世話になってばかりだから
なにかしてあげたいと思うのですが、
一体、どこで何をしたらいいのか・・・?
植林やごみ拾いからでしょうか・・・?

木の気持ちを聞いてみたいところです。

この願望はここ数年、強く思う事ですが、
そういえば一年ほど前、小学3年生くらいの女の子が
私のところへ駆け寄ってきて、いきなり
「私、植物としゃべれるよっ!」と・・・・・・
「???????????」ってな気分でした。

「木って切られると痛いの?」って聞きたかったけど、
その女の子は、あっという間に走って行ってしまったので
聞けずじまいでした。また会いたいなぁ。。。