FC2ブログ
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
休業日のお知らせ

定休日は金曜日です。

工房shop

■〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間1728ー207 ■ e-mail 【PC】spoon6moku@yahoo.co.jp 【携帯】spoon6moku@i.softbank.jp ■ 定休日 : 金曜日 ■ 営業時間 am10:00~pm5:00

●出展予定●

●5月24日(土)~6月8日(日)『木工家ウィーク』内の『木のカトラリー展』に出展します! 名古屋市中区栄3-6-1ラシック6階にて ●6月1日(日) 『この祭り、乱れ咲き』に出店します!三島商工会議所1階にて。

Facebook

小ネタ・納品・急なお休み情報はこちらです。



最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

『そこにある木』から展

2008.02.26 22:34|工房Rokumoku
こんばんは。お久しぶりの更新になってしまいました(^^;)

今、個展の準備に大忙しです。
相変わらず段取りが悪いんですけど、
なんとか少しずつ進んでおりますよ。

2008_01200012.jpg

個展のタイトルは

木のスプーンRokumoku
『そこにある木』から展としました。

今のロクモクとこれからなっていきたいロクモクを表現する
にはこの言葉しか思い浮かばなかったんですね。

すぐ『そこにある木』がどんなに美しい色や模様を持っているか、
ロクモクの名前の由来や想い。
アイテムの誕生のきっかけ話。
「モノづくり」に対する想い。
このブログに書いた文章を使って展示をすることにしました。

その時その時思ったことを一番素直に書いていると思うので。

そんなつたない展示ですが、
お時間があれば応援しにきてやってくださいね。

http://www.town.kaisei.kanagawa.jp/kakuka/sangyou/ashigari/event-hinamaturi.html
詳しくはこちら(↑)か

http://homepage2.nifty.com/satonoichi/
で場所をご確認ください。

電車等をご利用の場合には、
小田急小田原線新松田駅より、
箱根登山バス「関本」行きで「四つ角」下車徒歩20分。
ちょっと不便ですが・・・(^^;)

今回は、どんな方に出会えるか。
とっても楽しみです。



スポンサーサイト



美味しいところ

2008.02.08 18:13|木のスプーン
こんにちは。今日の三島はとっても気持ちの良い晴れでしたよ。
やっと布団干せました(^^)

さて。ロクモクショップの方ですが、すいません(^^;)
もう少し時間をください!!
もうちょっとで出来上がりますので。

正直あまり変わってないんですけども。
また慎重になっちゃってます。
個展の準備もあって、頭パニクってます。


tosou.jpg

自分がやりたい事がはっきりとしてきたので、
それを活かしたショップにできればなぁ・・・。とね。

上の写真は、塗装の中の一段階です。
ロクモクでは、木の色や模様を楽しんで興味を持ってもらいたいという事と、
強度と衛生面の為に木地が仕上がった後に
『プレポリマー』を染み込ませます。
塗料のように表面に塗膜をつくるのではなく、
木の中の水分と反応して固まるもの。
これで強度を持たせています。

ウレタン塗装はモノづくりの中でも賛否両論ですが、
よく考えた結果。
ロクモクは「木を楽しんでほしい。」ことと
とても安いとは言えないものを買って頂くので
「長く、キレイに使ってもらえなければ。」という気持ち、
それからもうひとつ大きな事ですが、
大切な人へのプレゼントに選んで頂けるものでありたいと思い、
人体にも無害といわれるこの塗装方法で仕上げることにしました。

2008_02050010.jpg


この写真。アップにしてもらうと良く分かると思いますが
6本とも違う木で出来ています。
左から
「まかば」「山桜」「ミカン」「梅」「けやき」「とち」。
こんなに色も模様も違うんです。

・・・ちょっと楽しいでしょ?(^^)

これが、実際手に持ったり口に入れたりすると
樹種によって、重さ・温度・舌触り・手触りの違いが感じられて
二度楽しいんですよ。
でも、あくまでもスプーン。食事を楽しむ道具です。
料理を楽しんでくださいね。

スプーンの形にバンドソーで木取りしたあと
ベルトサンダーで削ります。
木を削っている時には色はあまりはっきりしていません。
乾燥した木を削っていくので白くぼやけています。
機械で削った後は、手で3種類の布やすりを使って整えていきます。

この後。木の表面を固める為のプレポリマーに漬けるのですが
ここが、私しか楽しめない「美味しいところ」なんです。
プレポリマーは透明のサラサラした液体。
これにドブンと漬ける、その瞬間に白くぼやけた木地が
濡れ色になって、鮮やかな色と模様が現れます。

陶芸の焼きにも似た感覚かもしれません。
予想もつかない木目や色に毎回驚きます。
これは、自然にしかできない力で
私がどれだけ時間をかけたとかどれだけ腕があるとかないとか
まったく関係ない世界です。

これに出会えるから、
毎日スプーン作ってても飽きないんですね。

いいでしょ~♪

でも、食べていくの必死です(笑)








初の。

2008.02.01 23:18|工房Rokumoku
karasuuri.jpg

ロクモクの定休日は金曜です。
そんなわけなんですが、結局お仕事で(^^;)

最近、このブログにも頻繁に出てくる
ギャラリー『からすうり』さんに行ってきました。
実は、2月1日から6日までここで行われる
「手作り展」に置いて頂けるということで
お言葉に甘えて品物を納めてきたというわけです。

2008_02010019.jpg


ここの店主さんは女性で、絵手紙の先生でもあるので
壁には、生徒さんや先生の絵手紙が並んでいて
それを見るのも楽しいんですよ。

『画廊からすうり』
〒410-0836 静岡県沼津市吉田町33の3

さてさて、お昼を済ませてお次は神奈川県へ。
またまた道に迷いながら、動物の勘を使いなんとか
目的地の「開成町」に着きました。

2008_02010030.jpg

ここは、300年前に建てられた個人のお宅だったそうです。
今は町に寄付され、この地域の農村生活の原風景を
今に伝えるものとして一度ばらして建て直されたそう。
でも、5年前まで普通に暮らされていたと聞いてまたビックリ。

2008_02010028.jpg


とてもしっかりした造りで、昔の大工さんの技術は
やっぱりすごいと感じました。
5年前まで生活していただけに、リアルな生活感がとても
心地よくて思わず「住みたい・・・」。


この母屋の裏側に蔵を改造したホールがあります。
ここで初の個展(?)をやらせて頂けることになったんです。

実は、個展なんてとてもとても恐れ多く、
時々頂くお話にも積極的になれなかったのです。

でも、ロクモクの木に対する想いを
先日のミカンの木を頂いた時に再確認して、
実際に形にしてみたいと思ったタイミングと合った事と
全てのお膳立てをしてくださったF氏への感謝を込めて
重たい腰を上げてみました。

ひなまつりのイベントを開催中の瀬戸屋敷の
会場の2階でひっそりとスプーンを広げる予定です。
控えめな規模が最大の決め手なんですけどね(^^;)

平成20年3月1日(土)・2日(日)・3(月)

あしがり郷「瀬戸屋敷」
〒258-0028 神奈川県足柄上郡開成町金井島1336番地
瀬戸屋敷裏の蔵、2階にて

まだタイトルすら決まってません(^^;)
展示内容も。。。
一人でどこまでできるかわかりませんが
肩の力を抜いてやってみます。

当日は、ひなまつりでつるし雛などが飾られたりするらしく
華やかなイベントになるようですよ(^^)