FC2ブログ
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日のお知らせ

定休日は金曜日です。

工房shop

■〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間1728ー207 ■ e-mail 【PC】spoon6moku@yahoo.co.jp 【携帯】spoon6moku@i.softbank.jp ■ 定休日 : 金曜日 ■ 営業時間 am10:00~pm5:00

●出展予定●

●5月24日(土)~6月8日(日)『木工家ウィーク』内の『木のカトラリー展』に出展します! 名古屋市中区栄3-6-1ラシック6階にて ●6月1日(日) 『この祭り、乱れ咲き』に出店します!三島商工会議所1階にて。

Facebook

小ネタ・納品・急なお休み情報はこちらです。



最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

店長、梅の木入ります。

2009.01.26 22:37|工房Rokumoku
ume2.jpg
ねぇ?きれいでしょう?

これ、『梅』の木です。
以前に一度、梅の木でスプーンを作ったことがあって、
とてもきれいな色が印象に残っていて
「欲しい木ある?」と聞かれればお願いしていたんです。

スプーンを作りたいからといって、
「この木切って。」とは絶対に言わない、というのは
ロクモクを始めるにあたって固く決めたことだったので
まぁ、いつか縁があれば・・・と思っていたら
やっとその時がきました。

去年、3月の個展をお世話をしてくださった方の畑の近くに
生えていた木で、その持ち主が切っているところを見て
私の事を思い出してくださったのだそうです。

これも乾くのが楽しみです♪
何、作ろっかな~(^^)

この梅の木を頂きに神奈川県の開成町に寄った後、
もう一つの目的地、
開成町からすぐ近くの『松田町 寄(やどりき)←地名』へ。

246を曲ってしばらく走ったとても静かな場所にある素敵なお店
寄 荷風(かふう)さん。
お茶もできますが、ランチや夜には美味しいお食事が頂けるようですよ。
で、このお店で4月8日から個展(じゃなくなるかも?)をさせて頂くことになりまして
その打ち合わせです。
とても静かな所にある落ち着いたお店です。
ロクモクのスプーン達もすんなり馴染めそうな雰囲気。
春の空気を楽しみながらお食事ついでにスプーンに会いに
車を走らせてみては?!

2009年4月8日から4月30日(5月6日?)まで
神奈川県松田町寄 『寄 荷風』
月・火定休日   OPEN 11:30


スポンサーサイト



新入社員のタナカです?!

2009.01.22 21:59|工房Rokumoku
こんばんは。今日も寒いですね。
静岡は雨が降っていますよ。
明日は晴れるみたいです。いえい。(金曜休み)

maguro2.jpg
さてさて。早速、タナカ(メーカー)のチェーンソーを買ってきました~!!!
で、売り場のおぃさんに使用方法を教わって
ドッキドキのマイチェーンソー初仕事!!

新しいだけによく切れましたよ。
縦切りすると、繊維が中につまって刃が回らなくなったり
なぜか動かなくなったりして、パニックに・・・。
まったく理由がわからないものの
どうにかしないといけないので
説明書を片手に中を開けてお掃除したり、部品を磨いたりして
ご機嫌をうかがっていたら・・・
『ゔぃぃぃぃ~~~ん!!!』

なるほどなるほど。
あなたは、これくらい連続で使うとお腹をこわし、
ここをひっぱってあげないとご機嫌ナナメになるわけですね。

そんな風に仲良くなっていったら
すぐに心を許してくれて、あっという間に相棒に。
水谷豊もびっくりでしょう。

maguro1.jpg


チェーンソーに限らず木工に使う機械って、
うっかりすると指を落としてしまうような危険な機械が多いです。
「最初は、怖いから慎重に扱うけど
慣れてき頃に油断してケガをする。」
昔よく言われたものです。車と一緒ですよね。
懐かしいけど、ずっと頭に残っています。

そんな怖い機械だけど、ビビっていると
なかなか仲良くなれずに、腕も上達しないんですよね。
作業の効率も悪い。
怖いけど、この部品はなんだろう。
ここがどうして出っ張ってるんだろう。
これが赤いのには何か意味があるのでは???
なんて、探っていくと
いつの間にかその機械のクセや特徴、特技がわかってきて仲良くなれます。


人ともそうやって単純に仲良くなれればいいんですけどね。


※ 機械は、説明書をじっくり読んだ上で触ってくださいね!!

マグロ(?)解体ショー

2009.01.19 22:21|ものづくり
Dscf0647.jpg
先週のお休みの日。
みかんの木の処理も終わっていないというのに『桜』の木を頂いてきました(^^;)

ロクモクを始めてから、谷田木材さんにお買い物に来る色んなお客さんを接客しているうちに、
「そういえばあなたは何やってんの?」という話から
「かくかく、しかじか・・・(便利)でこんなことやってます。」と話しをすると
基本的に木が好きで谷田モクさんの材を覗きに来ている人なので
やっぱり、私の仕事にも興味を持ってくださって仲良くなることが時々あります。

今回、「桜の木があるけどいらない~?」と声をかけてくださったおじさんもその一人。

元は、車の塗装業をしていた事と名前と携帯番号くらいしか知らないという関係。
なのにほんとに世話好きないいおじさんです。


今回の桜は、小さく切る前の丸太の写真を撮っていないことが悔やまれますが、
相当に大きな木で、その木と共に暮らしてきた近所の方の話によると
5~60年くらいは経っているようでした。

直径は60cm以上・・・。
長さは4mはあったでしょうか・・・。

その大木を30cm(!)の小さめのチェーンソーでさばいていきます。
おじさんが。(いつものパターン)

まぁ、女を忘れてたいがいの重たいものでも持ててしまう私ですが
こういう大物相手ではどうしようもないわけです。

私もところどころチェーンソーを借りて勉強させてもらいましたよ。
昔、森林ボランティアで使ったことがあったのですが、久し振りすぎて怖い怖い!!!

あれって不思議で、ちょっとも動いていないのに
一切りすると、ダッシュしたかのように息が上がります。
そんなわけで私は早々にギブし、おじさんにバトンタッチ。

skr0912.jpg
さっすがおじさん!お見事!!まるでマグロ解体ショー!!
しかも桜の木、めちゃくちゃキレイ★★★
これは乾くのが楽しみです♪

小さく切ってもらったといってもまだバンドソーに入らない大きさなので
私もこれを機会にチェーンソー買うことにしました。

この桜の木は、庭の日当たりが悪くなったのと、落ち葉の処理に困って切られたのだそう。
作業の途中から、気がついたら私の横にピタリとくっついていた
近所の小学4年生くらいの話好きの男の子には
とてもお気に入りの木だったようで残念がっていました。

根から150cmくらい残された状態で切られていたので
「でも、まだ根っこがあるからたぶん、そのうちまた枝が生えてきていつか花が咲くよ。」と
言ったらニッコリ(^^)。安心していたようでした。
あの子が大きくなるころにはお花見ができるといいな~なんて。

こんなに木を好きな子供がいるんだなぁ~、とうれしくなりましたよ。

この木のようにまっすぐ大きく育ってほしいですね。










あけました。

2009.01.09 14:32|工房Rokumoku
usi.jpg
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

この牛。昨年10月に石垣島に遊びに行った時に
海沿いの道にふつ~に、なぜか一頭だけポツンといた謎だらけの牛です。
ひょっとしたらいつもそこにいるのかも…なんとなく『定位置』な雰囲気がしました。

でも、このとても不思議な光景。地元の人は、なんとも思わないんだろうな。

今年は、あまり小さいことに動じない事が目標です。
動じないけど、敏感。でなければいけないですね。
でなければ、ブログの更新も去年のようなことになりかねない(笑)
今年は、ネタを小出しにしようかと。

あなたの今年の抱負はなんですか?


Dscf0629.jpg
そうそう。
昨年の6月頃にスプーン展が行われた『一誠堂 ラシック店』さん(ラシック6階)で今、
『木のおしゃれ小物たち』という期間限定(2009年3月まで)
のショップが開かれています。
そこにRokumokuのスプーンやスプーン展では置けなかったフォーク、バターナイフ
小鳥のはしおきや置物などを一通り置いて頂いていますので
お時間があればのぞいてみてくださいね。

この写真の『栗のストラップ』も人気です!
イペとミカンの木を組んで作っています。
着色ではなく木のそのままの色を利用して、わざとぼこぼこに削り跡を残して
最後はオイルで仕上げてありますので、さわり心地もいいですよ。
しょっちゅう触って手の脂でテカテカに育ててほしいアイテムです。
なぜかGパンの後ろポケットに入れて歩くと、子供が着いてきます(^^)

いつもとは違うきれいなお店に並べられると
スプーン達もシャンとしますね。3月までです。

今年も少しずつお仕事が決まり、盛りだくさんの年になりそうです。

人にしてもらうばかりで、なかなか誰かのお役に立つというところまで
到達できない私ですが、そういう人にいつかなれるように努力したいと思います。

そんなロクモクを今年もどうぞよろしくお願いいたします。