04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
休業日のお知らせ

定休日は金曜日です。

工房shop

■〒410-2223 静岡県伊豆の国市北江間1728ー207 ■ e-mail 【PC】spoon6moku@yahoo.co.jp 【携帯】spoon6moku@i.softbank.jp ■ 定休日 : 金曜日 ■ 営業時間 am10:00~pm5:00

●出展予定●

●5月24日(土)~6月8日(日)『木工家ウィーク』内の『木のカトラリー展』に出展します! 名古屋市中区栄3-6-1ラシック6階にて ●6月1日(日) 『この祭り、乱れ咲き』に出店します!三島商工会議所1階にて。

Facebook

小ネタ・納品・急なお休み情報はこちらです。



最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ ~塗料を変更することにしました~

2013.09.17 23:26|未分類
Dscf5226.jpg

こんばんは。

昨日の台風、大丈夫でしたか?
各地で大変な被害があったようですね。

農業をしている友人が多いので、
野菜やお米も心配ですが、
知っているところでは大きな被害はなかったようです。

「体験したことのない大雨」とか「風」とか・・・

地震だったり天気だったり、
備えは共通しているんだから
ちゃんとしておかないと、と改めて思いますね。



さて。話は長くなります。すいません。

7年目のRokumokuですが、ここへきて
『木固めエース(+ウレタン塗装)』 → 『ガラス塗料』に塗料を変更することにしました。


私としては、かなり大きな変更で
自分で決めたことなのに、自分でも戸惑っていなくもありませんが、
お使い頂くお客様的には、あまり変化はないかと思います。

ガラス塗料は建材に使うものとして革新的で素晴らしいものであると聞いてはいましたが、
ふと思いついてインターネットで調べ始めたら、
木のスプーンに使っているところもあって。
だけど、ネットの中の話はよくわからないことだらけでした。

そこで、運良く見つけたガラス塗料のメーカーさんに直接伺って
お話を聞いたり、手触りや匂いを確かめてきました。

社長さんは、とても木が好きな方で木の扱いもプロ。
樹種別のサンプルを使いながら、とても熱心にお話くださって(なんと4時間も!)
頭の悪い私もすんなりと理解できました。

その後、実際に何度か木地に塗り、スプーンを使用してみて
「よし!」と納得できるものに仕上がったので思い切って決めました。

今まで、手触りと舌触りにこだわってきたので
そこをクリアするには多少
塗装方法にコツがいるものの、慣れればなんてことはなさそうです。



『ガラス塗料』とはなんなのか。ってことですが、
「常温液体ガラス塗料」とのことです。。。

・・・難しいことを話しても伝わりずらいので
なぜ、この塗料にしたかったのか、ということをお話してみたいと思います。

木が水分をふくむことで、
衛生面と強度に不安があるということと
長く、日常的に使ってもらえる木のカトラリーを、と考えるために
今までの塗料を使用してきましたが、
このガラス塗料を使うことで、より安全なものを作れると知った事が一番の理由です。


大きな魅力は、素材です。
主な固形成分はガラス。
溶剤がエタノールという点です。
(今までは質の高いシンナーが必要でした。)

食品衛生法の基準はもちろん適合し、ホルムアルデヒド基準もF☆☆☆☆。

そして、臭いがない。

実は、ちょっと気になっていた。という方がいたのではないでしょうか?


Rokumokuを始めた当初から、「スープスプーンを作ってください。」と
よく言われていたし、自分でも作りたいと思っていたのですが、
以前の塗料では温かいスープを掬った時に
なんとも言えない臭いがどうしてもあったのです。

それが気になって商品化することを避けていました。

形は、気に入ったものが一年前くらいに出来上がっていたので
私も残念に思っていました。

そして。
この塗料を塗った木のスプーンで
薄味の味噌汁を飲んでみました。

変な臭いは大丈夫でした!
ただ、木の匂いがします。

このガラス塗料、今までの塗料とはまったく違くて、
木が呼吸できるのだそうです。

以前の塗料と同じように、耐水性はあります。(防水ほどではないんです)
そして『水につけおき』はやっぱり苦手なんです。
・・・が、この塗料を塗った木地は呼吸ができる為、
上手に蒸発もできるのだそうです。

それも気に入った点でした。
木の匂いは使っているうちに消えてくると思います。

そして、お客様にも負担が少ない。

少し耐水性は劣るようですので、
スープに長時間つけておかないように、だとか
お皿を洗う桶などにつけ置くのは避けてほしいだの。
多少お気づかいをお願いすることになります。


それから、ちょっと舌触りが違う・・・といえば、違う。

実は、安全と引き換えに、多少舌触りが劣っても仕方がないと覚悟していたのですが、
気にしなければわからない程度。だと私は感じました。

洗剤でも洗って頂けるし、
擦れにも強い。
耐水性はあるけれど、水につけおくことと噛まれることは苦手です。
そんなものに仕上がります。 


狙ったわけではないのですが、このタイミングで決めたので
次の富士宮市のe-zu工房さんでの展示で
並べるカトラリーは
すべてガラス塗料を使用したものにすることにしました。

気になる方は、ぜひ足を運んで
手に取って見てみてくださいね。

伊豆長岡のRokumokuの工房ショップの品物は
まだ以前の塗料のものになります。

忙しさも重なって在庫がとても少なくなっていますので
ご注文で製作させて頂いています。

もし、今までの質感が好き。とおっしゃる方で
塗り直しをお考えごでしたら、
まだ塗料があるうちは、以前のものと並行して使用していくので
早めに塗り直しや製作依頼を頂ければ対応させて頂きます。
お気軽にお声かけください。


自分が作りたいもの、に近づけていくために。
Rokumokuを選んでくださったお客様のために。
と色々と考えて、この変更を決めました。

最後に言っておきたいのは、
以前の塗料もそれを施しているものも
決して悪いものではない、ということ。

美しく、強度も耐水性も保て、きちんとしたプロの仕事をさせてくれる
信頼できるものです。
こちらもご安心くださいね。

データが丸ごと吹っ飛んだのでしばらくホームページはそのままになっています。
「塗料について」もしばらく。。

年明けにはどうにか・・・。

台風が過ぎたら、久しぶりに冷えを感じますね。
うっかり風邪などひかないように
暖かくして・・・というにはちょっと早いですが
お気を付けて。

楽しい秋をお過ごしくださいね。

それでは、おやすみなさい。















コメント

6年前くらいの御社の作品を愛用しています。

木のスプーンが使いたくて探していたところ、たまに遊びに行く大好きな場所の近くに御社の工房があることを知りました。
私が直接工房に伺ったわけではないのですが、当時フットワークの軽い友人が御社の作品を購入しに行き、私に分けて下さってから、今日も快適に使用しています。
塗装を変更するとのこと、とても興味深く拝見しました。
新しい塗装の製品も、とても楽しみです。
これまではどのような塗装をされていたのかも興味がありますので、
過去のブログなども拝見させていただきます。

ところで、箸は作成されていらっしゃるでしょうか?

飯田さま

長文読んでくださってありがとうございます!
スプーンも使ってくださっているのですねー!とても嬉しいです。
今の塗装方法で重ねる事も可能ですので
その時はご相談くださいね。
お箸も作っていますよ。
長さは4パターンくらいあるのですが、少しずつ太さも
持ち具合も違うので実際持ってお好みを探して欲しいので
ネットには載せていないんですよ。
機会がありましたらぜひ!

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。